注目キーワード

The Thorならちょ~簡単!!ランディングページ(LP)で、見やすさと直帰率を改善!!

本日もお越し頂きありがとうございます。

もっとブログで生活できるようになりたいと思っている独学ブロガーYaffeeです。

 

今回のお話は、

The Thorならちょ~簡単!!
ランディングページ(LP)で、見やすさと直帰率を改善!!

について

 

ブロガーの皆さん、突然ですがランディングページって作っていますか??

「ランディングページとは?」と思っている方も多いと思います。

 

ランディングページは、広い意味と狭い意味の2つのパターンがあります。

グーグルアナリティクスなどで確認できる広い意味での「ランディングページ」は、訪問者が最初に訪れるページのこと。

 

そして狭い意味でのランディングページとは、訪問者のアクションを誘導することに特化したページのことです。

 

今回は、狭い意味での「訪問者のアクションを誘導することに特化したページ」についてお話していこうと思います!!

 

例えばメインブログならこのページがランディングページです
ウイスキーを愛する料理人のブログ Yaffee’s whisky blog

ウイスキー好き料理人がウイスキーのおいしい情報をお届け!!…

当ブログのランディングページは、ブログタイトルをクリックすると飛ぶようになっています。

 

ランディングページ(LP)とは??

今回紹介する「ランディングページ(LP)」とは、

訪問者のアクションを誘導することに特化したページのこと

 

要はプラットフォームとなるような記事のことです。

ランディングページを設定する・しないでは大きな違いがあります。

その大きな違いをランディングページを設定するメリット・デメリットからご紹介していこうと思います!!

ランディングページを設定するメリット・デメリット

PR

ランディングページを設定するメリット

  1. ページ滞在時間が伸びやすい!!
  2. 直帰率が下がる!!
  3. コンテンツの充実化
  4. アクセス数UP

などなど

 

ほかにもメリットはたくさんありますがひとまずこの4つかなと思います。

ランディングページを設置することで、ページの滞在時間が伸びやすいです。

 

多くのページが一度に確認でき、多くの記事にアクセスできるのでページ全体を通して滞在時間が伸びやすく、また直帰率も下がります。

 

ランディングページを設定するデメリット

  1. 制作が大変で、一から作るとプロの知識が必要。
  2. ブログツールによっては、作れないものもある。
  3. 設定が難しい。

 

はっきり言って、プログラミングの知識がないとランディングページを作ることは困難です。。

素人が一から作るのは、よっぽど勉強しないと厳しいかなと思います。

 

ただ、僕が使っているブログテーマ「The Thor」ならこれがめっちゃ簡単にできちゃいます!!!

その手順を、ご紹介させていただきます!!

The Thorなら簡単!!ランディングページの作り方

まず、固定ページに2個新しいページを作ります。

一つは「Home・HOME・ホーム」などといったタイトルにし、一つは「記事一覧」などにします。

 

「Home・HOME・ホーム」とつけた方の固定ページの『ページ属性』の場所を

  • 親……(親なし)
  • テンプレート……LP用TPL

と設定。

あとは何も記入しないで公開します。

 

そして記事一覧の方のページ属性は

  • 親……「Home・HOME・ホーム」
  • テンプレート……なし

と設定し、

URLを「articles」などにして公開します。

yaffee

このページを「noindex」にする方もいらっしゃいますが、僕はnoindexにしません。

noindexにするとサーチコンソールでエラーページとなるので、ない方がいいかなと思いつけてません。

 

そしたら、外観カスタマイズホームページの順に開いていき、設定します。

  • ホームページの表示→「固定ページ」
  • ホームページ→「Home・HOME・ホーム」
  • 投稿ページ→記事一覧

に変更

 

そして、外観カスタマイズTOPページの設定[THE]からカスタマイズしていきます。

 

メインビジュアル設定がこの部分を変えるものです。

 

まだ変更してなかったですが「活字嫌いな5桁ブロガーが学びながら教えるブログのノウハウ!!」の場所が、
「メインビジュアル下お知らせ設定」の箇所です。

 

続いて「カーセルスライダー」!!

これを『表示』とするとこのようになります。

yaffee
このカーセルスライダーものすごく見やすくていいのですが、画像読み込み中に大きく画像が動くので、当ブログの方では「非表示」にし、ウイスキーブログの方では「表示」としています。

設定し始めたばかりは、CLSの問題がかなり大きかったですが、しばらく放置するとだんだん動くことも少なくなり、解消されてきました

現在、まだ様子見中です。

 

そして「ピックアップ3記事設定」はこんな感じです!!

 

「カテゴリ最新記事設定」はヘッタ―エリア近くになります。

 

yaffee
記事ランキング設定は、アクセス数がある一定数ないと表示されません。

ウイスキーブログの方では設定してますが、当ブログの方ではどちらにしろ表示されないので「非表示」としています。

 

また、外観カスタマイズウィジットから

ウィジットを追加するとより自由なカスタマイズができます!!

 

あとは自由にカスタマイズ!!

 

The Thorでランディングページ(LP)を作るとかなり自由かつプロが作ったようなデザインが作れます!!

しいてデメリットを上げていくとPC画面専用に個別に見やすくしたランディングページは作れないようです。

 

そのため、PC画面ではやや見にくいかも。。。

 

ただスマホやタブレット画面ではかなり見やすいランディングページとなっているのではないでしょうか?

今スマホからのアクセスが主流だと思うので、スマホから見やすいランディングページならいいのかなと思います。

 

PC画面専用のランディングページを設定したい人には、
The Thorのランディングページは向いていないかもしれません。

集客と収益にこだわったWordPressテーマ『The Thor』
5



WordPressでプロのようなブログサイトを作りたかったらThe Thorがオススメ!!

デザインが豊富で、SEO対策もデフォルト機能で備わっています。またサイト読み込み速度も充実!!
特にブログそしてWordPress初心者にこそおすすめの有料テーマです!

価格帯

16280円(税込み)

独学ブロガー 1年生

機能が充実しすぎていて、使いこなすのに時間がかかりました。。

ただワンクリックでデザインの変更ができ、
プロのようなサイトはすぐに作ることができます!!

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか?

 

WordPressならこういったことができますが、ほかのブログツールだとなかなかできないかと思います。

ぜひWordPressを使っていてまだランディングページを設定していない方、この機会に設定してみてはいかがでしょうか??

 

それでは良いブロガーライフを!!

また次回もよろしくお願いします。

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!