注目キーワード

「会社都合の失業」の場合の 失業手当とは?? コロナ失業を経験した料理人が 体験談から解説!

  • 2021年5月26日
  • 2021年5月26日
  • Blog
  • 4回
  • 0件

本日もお越し頂きありがとうございます。

去年コロナ失業を経験した料理人プレパパブロガーYaffeeです。

 

今回のお話は

「会社都合の失業」

について

 

失業には大きく2つのパターンがあります。

自分都合の失業と会社都合の失業です。

 

今回は、このコロナ禍でまた増えてしまうであろう「会社都合の失業」について、
去年の自分の経験をもとに書いていこうと思います。

 

はじめに……

 

僕の本職は夜形態の飲食業です。

バー形態のレストランなので、コロナ禍以前は深夜帯10:00~12:00ぐらいがピークタイムでした。

 

しかし、コロナ禍で一気に状況は一変。

去年の1月末から徐々にお客様は減っていき、
一昨年まで毎日満席になっていたお店が去年の2・3月にはノーゲストという日も多くなりました。

 

そして去年の4月、会社から「現状で雇い続けることは厳しい」と言い渡され、「会社都合の失業」ということになりました。

 

今飲食だけではなく、観光業・また観光地の小売店・タクシー業者・接客業全般が先の見えない経営難が続いています。

さらに、政府の意味が全く感じられない感染対策(飲食店のみの酒類提供禁止、時短営業、電車の時短ダイヤなど)の影響が経営難にもつながっているとことはあると思います。

 

その中で給付金の話もありますが、同業の知り合いの間ではまだ支払われていないところも多いです。

 

さらに従業員には生活できるだけの補償金も入ってきていない人もたくさんいます

つまりただ待っているだけでは生活難に陥るのは目に見えていると思います。

 

今回の「失業手当」はもし失業となってしまった時役に立つ話かなと思います。

「失業」とならないに越したことはないです。ただ今の社会の流れ、どうなるかわかりません。

僕の経験則からですが、ぜひ今こそ「失業手当」について知ってみてはいかがでしょうか??

 

失業保険について

 

まずご自身が社会保険に加入していたかどうか確認してください。

国保では雇用保険失業給付手続きを行うことができません

 

国保に加入中の方は、もし今の職場が倒産していなければ、今の職場に籍だけは残しておいて別のお仕事を探す方をお勧めします

 

また社会保険の加入はさかのぼって行うことができるそうです。

社会保険の加入条件に該当するかどうかは、上司または人事部に相談してください。

 

ただし注意が必要!!

 

さかのぼった分の社会保険料は会社と本人両方に一括請求されます

国民保険加入期間の保険料は一応返ってきます。ただもしその時に病院に行かれていたら、治療費の7割を現金で返還にいかないといけないです。
返ってくるとは言え、一度立て替えてなくてはいけないので厄介になります。

 

PR

社会保険加入条件

健康保険と厚生年金保険は、パート・アルバイトとして働く人のうち1週間の所定労働時間または1カ月の労働日数が所定労働時間の4分の3以上(約週5日と半日以上、月23日以上)になる場合が加入対象

また上の条件を満たしていなくても下記の条件をすべて満たしていれば加入することができます。

  1.  1週の所定労働時間が20時間以上
  2. 継続して1年以上の雇用が見込まれる
    雇用期間が1年未満であっても、その契約が更新されることが明示されている場合を含みます。
  3. 月額賃金が8万8,000円以上
  4. 学生でない
    ただし、夜間・通信・定時制の方は対象となります。
  5. 特定適用事業所(従業員数が501人以上の企業)に勤務

一度ご確認ください。

 

失業保険申請について

基本的に失業保険申請にあたって、会社都合の退社とならないと30歳未満は支給されなかったり、支給まで長い期間がかかったりします。

よって 新型コロナウイルスで退社・失業となる方は必ず会社都合にできないか上司や人事部に確認してください 。

 

多分ほとんどの人が会社都合の退社という形になると思います。

会社都合の退職となると 「特定受給資格者」 となります。

 

その場合 退職前の1年間のうち6か月以上雇用保険に加入していたら受給資格を得ることができます

 

給付期間ですが年齢によって変わります。

30歳未満は

雇用保険加入期間失業手当の支給期間
5年未満90日
5年以上10年未満120日
10年以上180日

1日当たりの給付額ですが、以下のように計算されます。

1日当たりの給与=退職前過去6か月の給与の総額÷180

1日当たりの給付額1日当たりの給与×給付率

 

給付率は1日当たりの給与によって少ないほど高くなり高いほど低くなっています。

詳しく失業保険(失業給付額)・給付期間が知りたい方はこちらのサイトから計算できます。

 

手続きの流れ

まず必要書類を準備します。

  • 離職票
  • マイナンバーのわかる書類
  • 身分証明書2枚
  • 印鑑
  • 振込先の通帳またはキャッシュカード

 

そしてハローワークへ行きます。

 

離職理由の判定、受給資格の決定があります。
多分新型コロナウイルスに関する退職の場合資格に該当しないことのほうが少ないと思います。

この後は待機期間があり、この7日間はほんのわずかの収入を得ると待機期間が延長になったりします。

 

詳しくは下に記載しています。

 

それから受給説明会への参加

 

雇用保険制度について、受給について、また不正受給となる注意事項などが説明されます。

これに関しては新型コロナウイルスの影響で市町村ごと対応が変わってきています

 

とりあえず、僕の住んでいる神奈川県では 雇用保険失業給付受給手続き時に行う雇用保険説明会が中止 となっています。

 

多くのハローワークでは雇用説明会で使用するDVDを視聴できるようになっていますので、そちらで視聴する形となっており、申請も郵送で行うようです。

 

これから申請の方はご自身の住まれている管轄のハローワークホームページをご覧ください。

そこから認定され、4週間ごとに振り込まれることとなります。

失業前から先にアルバイトやブログなど副業を始めていた方

 アルバイトを始めていた方

まずすでに時間数が削られて新しくアルバイトを始めていた人は、
新しく始めた仕事のほうを 週20時間以内に抑える必要があります。

 

これは 週20時間以上だと雇用保険適用対象内 となりますので、そこを基準に週20時間以内の労働となります。

 

また 雇用失業保険手続き時に申告しなくてはいけません 。

しかし申告したからといって受給されなくなることはないようなので、

しっかりとそこはハローワークの方に相談しましょう。

 

そして手続きから 待機期間の7日間 。

この期間に働くと働いた分失業手当の支給される開始日が後ろにずれることになります。

 

つまり この期間は働いてはいけないわけではなく、働いた分待機にカウントされないということ。

そして待機期間が後ろにずれ込んでしまう ということです。

 

例えば……

4月13日に手続き完了して待機期間となった後、
どうしても4月15日にシフトに出てほしいといわれてその日だけ出たとします。

すると失業保険の適用されるようになる期間が シフトに入らなければ4月20日だったのが4月21日からということになります。

アフィリエイト収入のあるブログを持っている方

またアフィリエイト収入のあるブログを持っている方は、収入金額と日割りでブログにあてた時間 を申告しなくてはいけません。

時間も4時間以上なのか4時間以内なのかと提出する書類に記入欄があるそうなので記入し申告します

 

この時アルバイトもやっている場合、週20時間以内の労働を超えてしまうと思います。

アルバイト週20時間以内というのは、
「 雇用された場所で週20時間労働を超えてしまうことにより、
雇用保険加入対象になって【就職】となる 」

ということ。

例えば、

一週間でアルバイト18時間+ブログ活動28時間となっても収入とブログ活動時間を申告すれば不正受給にはならないようです。

しかしこのブログの件は各ハローワークで対応が変わったり、記入方法が変わったりすると思います。

なので収入、時間など細かくハローワークの職員の方に相談して記入してください

そして言われたものは素直に記入してください

 

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

実は、今回紹介した失業手当には、90日でも長い期間受給できるある方法があります。

それは、ひとつの事業所で週20時間を超えないようにバイトを掛け持ちすること

一つの事業所で週20時間を超えなければ、「就職」という扱いになりません。

 

ただ、一月中にもらえる「失業手当」の分は少なくなってしまいます。

「待機の7日間」と同じように働いた日数後にずれることになります。

 

つまり、通常時はバイトの給料。休みの日は「失業手当」で有給に近い状態ということも可能。

またブログは4時間以内に収めれば、収入によっては「働いた日」にカウントされないこともあるそうです。

副業について

 本日もお越し頂きありがとうございます。実は一回目の緊急事態宣言(2020年3月13日~)で失業を味わった独学ブロガーYaffee です。 今回のテーマは「0円から始める副業なら『アフィリ[…]

うまく活用すれば、元の給料とほとんど変わらない額で、失業期間を過ごすことも可能だと思います。

 

ただ、失業保険の根本は「 求職活動期間への補償 」であり、求職活動がメインであることをお忘れなく。

 

ほかにもコロナ禍による所得減少者を対象とした給付金もあるので、政府のページを確認してください。

 

 

それでは良いブロガーライフを

また次回もよろしくお願いします!!

 

こういったブログもやってます。

良かったらこちらもご覧ください!!
↓↓

ウイスキーを愛する料理人のブログ Yaffee’s whisky blog

ウイスキーを愛する料理人が、日々の晩酌をもっとおいしくする情報を公開。知識・歴史から料理とのペアリング、蒸留所ごとの情報…

PR
最新情報をチェックしよう!