注目キーワード

【おつまみの話】酒と、つまみとちょっとの日本史 

本日もお越し頂きありがとうございます。

おつまみメニューを考えていることが好きな料理人プレパパブロガーYaffeeです。

 

今回のお話は

「酒と つまみと ちょっとだけ日本史」

について!!

 

お酒とおつまみを見ていくと少しだけ日本史がかかわってきます。

今回は、ちょっとしたおつまみ感覚で、酒とおつまみにまつわる日本史の話していこうと思います!!

 

お酒は人類が生まれる前からあった!?

日本のお酒を見ていく前に、最古のお酒やつまみについてお話していきます。

 

お酒というのは世界中で古代から作られていています。

一説には人間が誕生する前からあったという説もあります。

 

それもそうですよね。

例えばその一つミードならはちみつだけたまたま残ったハチの巣に雨水がたまり、それが酵母の力で発酵したらミードができるわけで……。

ワインもブドウの実をつぶしておいておけばワインとなるわけですし。

ビールももともとはパンから作られていて、パンを入れていた容器に水が溜まってそれが発酵してビールとなったのが始まりという説があります。

独学ブロガー 1年生
「飲もう」と思ったなとなりますけど…。

日本の最古のお酒って……

 

お酒を造るためには、糖分が必要。

言ってしまえば、お酒造りは「糖化」の歴史とも言えます。

 

  • ワインはブドウを絞ってその糖分を利用して発酵。
  • ビールは麦芽の糖化酵素を利用して発酵。

 

このような作り方は紀元前から行われていたといわれています。

それでは、島国「日本」の最古のお酒では、どのようにして糖化させようと考えたのでしょうか??

 

 

実は、日本最古のお酒は米やイモを口で噛んで吐き出したものが発酵してできた「口噛み酒」というもの。

 

独学ブロガー 1年生

!?
確かに、唾液には糖化酵素が含まれていますが……

なぜ噛んで吐き出した物をとっておいた?
よくわからない日本の謎文化の一つです。

 

古代から酒は神と人を結びつける神聖なものだったそう。

古代日本では巫女が噛んだ米で作っていたそうです

 

今では、衛生上にも酒税法上にも完全にアウトなので絶対にやらないでください

絶対にダメですよ。。

 

ちなみに漫画「もやしもん」で紹介されていますね!

 

PR

 麹を使ったお酒の誕生!!

 

今日のように麹を使った製造方法は奈良時代にはできていたそうです。

しかし、神聖なものだった酒は朝廷や貴族、神人、僧といった人間しか飲めなかったそうです。

 

そしてお酒を嗜む、「酒の肴」「つまみ」が庶民にまで普及したのは鎌倉時代といわれています。

 

そして室町時代には食生活が急成長していきます。

 

米の生産量の増加、造船技術の発達で沖合漁業が可能になり、市場に出回る食材が大幅に増えます。

信長のシェフ」にも出ていたような市場風景だったのかもしれないですね。

 

この時代ぐらいから「本膳料理」「懐石料理」「会席料理」などが出来上がっていきます。

 

今回はここまで!!

またここから先のお話まとめていこうと思います!!

PR
最新情報をチェックしよう!