注目キーワード

【おつまみの話】「肴」と「おつまみ」の違いとは?そして「おつまみ」と「あて」とは?

本日もお越し頂きありがとうございます。

料理になかでもおつまみを来ることが好きな料理人独学ブロガーYaffeeです。

 

このシリーズでは知って得するかわかりませんが、意外と面白いおつまみや料理の小話をしています。

今回のお話は

『「肴」と「おつまみ」の違いとは?
そして「おつまみ」と「あて」とは?』

について!!

前回の記事で、『「魚」と「肴」どっちが先?』について語りました。

関連記事

本日もお越し頂きありがとうございます。本職ではバー形態のラウンジのキッチンで働く料理人独学ブロガーYaffeeです。  今回のお話は、「酒の『さかな』」という言葉について![…]

 

前回「酒の肴」でもともとは「酒を飲むときに添えられる料理」 からできた言葉なのが分かると思います。

 

それでは「おつまみ」とは何が違うのか?

そして同じような言葉に「あて」という言葉がありますが、それは何が違うのか?

「肴」と「おつまみ」の違いとは?
そして「おつまみ」と「あて」とは?

 

「おつまみ」語源

 

「おつまみ」は誰でも想像がつくように「つまんで食べられるもの」、「つまみもの」から使われるようになった言葉。

すでに平安時代や室町時代から使われていたそうです。

PR
実はおつまみは「酒の肴」のうちの1ジャンル??「肴」との違い

当時の代表的な「肴」は

塩、味噌、塩辛、貝の干物、果物、木の実、焼き魚、蒸し貝、野菜の煮物など

 

その代表的な「肴」のうち

塩、貝の干物、果物、木の実など

箸や匙をつかわないでつまんで食べられるものをそのまま「つまみもの」といっていたそうです。

また調理もしなくていいものなので「酒の肴」とは区別されていました。

 

つまり「おつまみ」はもともと「調理の必要なない酒を飲むときに添えられたもの」 ということになります。

今は、「酒の肴」も「おつまみ」も同じような使われ方をします。

ただ昔は明確な違いがあったようですね。

 

「あて」の語源

 

一方同じように「おつまみ」や「酒の肴」の同義語のように「あて」という言葉が使われることがあると思います。

それでは、「あて」とはどのような違いがあるのでしょうか?

 

「あて」はもともの言葉はあてがうから生まれました。

そしてこの言葉は主に関西、それも大阪でよく使われていたそうです。

 

「あて」は大阪の芝居関係の食事のおかずを意味する隠語でした。

いつしかお酒を飲むときのおかず、つまみも「あて」と呼ぶようになりました。

 

独学ブロガー 1年生
まぁよくある関西、関東の言葉違いの一つということですね!

 

ちなみに刺身の「つま」は様々な説がありますが

刺身の「妻」から生まれた言葉が有力で、「つまみ」とは別物です。

 

(諸説あり)

話を「酒の肴」に。

以上【おつまみの話】

次回はどんなおつまみの話になるのか乞うご期待ください。

 

PR
最新情報をチェックしよう!