注目キーワード

【もしもアフィリエイト】アマゾン・楽天で何が売れたかチェックする方法とは?

本日もお越し頂きありがとうございます。

もしもアフィリエイトに足向けて寝れない独学ブロガーYaffeeです。

 

今回のお話は

「【もしもアフィリエイト限定】
楽天・アマゾンで何が売れたかチェックする方法」

について

 

楽天・アマゾンの商材を中心にブログを書いていて、一つ思うことがあると思います。

本当に紹介した商品が売れているのだろうか

 

気になるけど、何か人のプライバシーを覗くようで少し気が引ける面もあると思います。

しかし、ご安心ください。

アマゾンなら「何がいつ売れたか・いつ承認されたか」まで、
楽天は「楽天のどの店舗でいつ売れたか・いつ承認されたか」までです。

もちろん個人を特定するものは何も出てきません。

yaffee
こっちも知りたい情報はここですしね~。

 

ただいつ何が売れたかをチェックできれば、
今後の作戦を考えたり個人に企業案件が来た時に具体的な話ができるかと思います。

 

実際僕も企業案件が来て、この情報もっと前にまとめとけばよかったなと思ったことは多々あります。

そういった情報は、もしもアフィリエイト限定で、さらに「楽天・アマゾン」限定で調べることができます。

 

今回はその調べ方と僕の簡単なまとめをご紹介したいと思います。

 

【もしもアフィリエイト限定】
アマゾン・楽天で何が売れたかチェックする方法とは?

 

アマゾンや楽天から成果発生のメールが来ても、いったい何が売れたんだろうと思うことはあると思います。

その謎そのままにしておくのはもったいない!!

 

なぜなら何が売れたか知っておくだけでも、今後の書き方が変わってくるからです!

自分の売り方があっていたのかどうかのチェックもできるのではないでしょうか?

 

そんな分析のために定期的に調べること初めて見てはいかがでしょうか??

ちなみにあくまで、もしもアフィリエイトで発生したアマゾン・楽天の成果のみです。
Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトでの調べ方は調査中です。

もしもアフィリエイト限定
楽天・アマゾンの発生成果詳細の調べ方

 

Canvaにてスライドショー形式で作成しました。ここをクリックすると全画面表示となります。

この順でクリックしていき、CSVデータでダウンロードしていただくとExcelのデータとして見ることができます。

 

最初に書いたように、

アマゾンで知れる情報は……

  1. 成果発生日時
  2. 広告クリック日時
  3. サイト名
  4. プロモーション名
  5. カテゴリ名
  6. ASIN/ISBNコード
  7. 商品名
  8. 数量
  9. 成果承認日
  10. 成果状態
  11. 承認期限日
  12. 端末タイプ
  13. 注文金額
  14. 報酬額
  15. リファラ
  16. 任意パラメータ
  17. 成果詳細コード

 

楽天で知れる情報は……

  1. 成果発生日時
  2. 広告クリック日時
  3. サイト名
  4. プロモーション名
  5. 店舗コード
  6. 店舗名
  7. 成果承認日
  8. 成果状態
  9. 承認期限日
  10. 端末タイプ
  11. 注文金額
  12. 報酬額
  13. リファラ
  14. 成果詳細コード

です。

 

成果詳細コードやASIN/ISBNコードなどは、あまり必要のない情報かもしれませんが、リファラや商品名・店舗名などはかなり分析に使える情報だと思います。

 

PR

過去1年半分のデータを簡易的に分析

 

ちなみに僕の場合、

「ウイスキー」を中心に紹介しているブログがメインです。

 

そして発生した成果のうちウイスキー関連で売れたものは……

アマゾンでは、

発生成果 801件に対して、ウイスキー関連の発生成果は315件

 

楽天では、

発生成果 313件に対して ウイスキー関連の店舗の発生成果は103件

でした

 

大体3割程度がウイスキー関連の売り上げといったところだと思います。

そしてアマゾンの商品名を見る限り、高いウイスキーはそんなに売れていませんでした。

yaffee
僕が高いウイスキーより日常的なウイスキーを多く紹介していたというのもあったと思います。

 

やっぱり日常的に楽しまれるウイスキーの方が、注文されやすい傾向があるみたいです。

反対に楽天では、購入金額が高いので高いウイスキーが売れているのかなと思います。

 

ただ楽天で最も売り上げを上げていたのは「楽天トラベル」でした。

 

こうやって見てみると、別に紹介したウイスキーが毎回ヒットしていたわけではないので、紹介の仕方や仕掛けを変える必要があるかなと思います。

また、それよりも第一はクリック数を伸ばすことが、一番だと思います。

 

楽天・アマゾンの商品を何かしら購入されてばいいわけですから、クリックしたくなるような紹介方法をすることが一番です!

ちなみに僕のCTR(クリック数÷インプレッションの%)とETC(発生成果金額÷クリック数)は……

プロモーションCTRETC
楽天3.2%2.5円
アマゾン5.7%5.3円

 

ETCで言ったらかなり低いかなと思います。

アドセンスの僕のCPC(クリック単価)は10~20円ぐらいです。

それに比べると、同じクリック単価としては安いと思います。

 

ここがもう少し伸ばせると、今以上にアクセス数にこだわらなくてもよくかもしれません。

 

まだまだここは伸びしろがありそうですね。

純粋に効果的な「商品おすすめ記事」を導入することが重要かもしれません。

ただCTRは悪くないかなと思います。

つまりクリックされていても単価が低いといった感じではないでしょうか?

 

もっと高いウイスキーのレビューに挑戦したり、単価アップの施策を打ち立てる必要がありそうです。

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

やはり分析し、改善することは定期的に行う必要があると思います。

そうやって分析・改善は今後月ごとに行っていこう。

そして月ごとにデータをまとめていけば、より強固な分析ができるかと思います。

 

ぜひ皆さんも行ってみてはいかがでしょうか??

それではよいブロガーライフを!!

また次回もよろしくお願いします!!

 

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!