注目キーワード

僕、活字が嫌いだけどブログで稼いでます。 活字が嫌いならではのブログの書き方

  • 2021年4月9日
  • Blog
  • 8回
  • 0件

本日もお越し頂きありがとうございます。

文章を読むことも書くことも実は大っ嫌いな独学ブロガー1年生です

 

本日のテーマは『活字が嫌いのブログの書き方』について!!

 

僕は、ブログを書いています。

すでに1年以上も書き続けています。

 

ただ、僕は昔から活字が大の苦手。はっきり言って嫌いです。

読むことも書くことも嫌いです。

あまり長いこと活字を読むとくらくらしてしまいます。

 

そんな僕ですが、
1年以上ブログを書き、累計で約30万PV ブログ収益も約30万ほど達成いたしました!

 

上を見たらもっとすごい人たちはたくさんいます。

ただブロガーの中でも少ない『月の売り上げ4桁ブロガー』の仲間入りを果たしました。

 

ブログは

活字が嫌いでもできる!!
いや
活字が嫌いだからこそできるブログの書き方がある!!

 

今回はそんな活字嫌いだからこそできるブログの書き方についてまとめていこうと思います!!

 

活字嫌いだからこそできるブログの書き方

 

前記したように、僕は活字か嫌いです。

そんな僕でもブログで収益を上げることができました!!

 

一年間以上ブログを書いていて、活字嫌いだからこそできる・わかるブログの書き方があるとわかりました。

そのコツについてまとめていきます!!

自分が活字が嫌いな理由について考える

 

まずなぜブログを始めようと思ったかというと……

  • 好きなウイスキーの魅力を伝えていきたい。
  • 収益を上げて本職以外の収入源を確保したい。
  • いずれ独立するときに早くからファンを獲得したい。
  • ブログなら動画編集という手間がない分、YouTubeより始めやすい
  • 検索順位上位を獲得すれば、多くの人に長く記事が見られること。

こういった思いが強いです。

 

ただ活字が苦手、本を読むのも文章を書くことが好きではありません。

だからといって本を読んだことないわけではないです。

好きな本は読みます。

 

ではなぜ活字が苦手なのか。

 

そこから考えてみることにしました。

  • 詰まった文章は、見にくい。
  • 長い文章や言い回しが回りくどい文章は読み疲れる。
  • 結論が最初にわかってないと読む気がしない。

この3つが大きく活字が嫌いな理由だろうと考えました。

 

……

!?

 

これって逆に考えれば、見やすく読み疲れずまた読みたいと思えるような記事が書けるのではないか!

そう思いました。

 

PR

活字嫌いだからこそ見やすい記事が分かる

 

まず見やすい記事ってどんな記事だろう。

ブログを始めたばかりの頃、ここの調査に燃えました。

 

そしていろいろな人のブログを読んで、大きな3つの点に気が付きました。

  1. 「改行」をうまく使って隙間を空けている。
  2. 語尾が同じにならないよう工夫されている。
  3. 難しい表現は使っていない。

 

「隙間」を空け、見やすさを考えている記事は、かなり読みやすいです。

マーカーや文字色を変えた場所、太字などをうまく使い、流し見でもなんとなく内容が分かってくる記事もありました。

 

グーグルアナリティクスなどのデータを見ても、上から下まで全部記事を読んでくれている読者は少ないです。

むしろ流し見の人がほとんど

 

だからこそ、流し見しても内容が分かるような工夫をすれば、見やすい記事はできてくると思います。

 

 

また、記事を読んだ時、すべての語尾が同じだったら、疲れてしまいませんか?

読みやすい記事は必ず語尾が重ならないような工夫がされていました

 

そして、読みやすくわかりやすい記事ほど難しい表現は使っていません

 

はっきり言って難しい表現を使って難しく書いてある方が「楽」です。

簡単にわかりやすく砕いて書く方がよっぽど書く側は難しく大変だと思います。

 

ただ読む側は、簡単に書いてある方が分かりやすくすっと入ってきます。

 

詳しくはこちら

本日もお越し頂きありがとうございます。『わかりやすい』って難しいなと思う独学ブロガー1年生です。 本日のテーマは『ブログの書き方・コツ』について!! ブログを始めたばかりの皆さん。[…]

活字嫌いだからこそ的確な装飾に凝る

 

上の見出しのところでも書いたように、上から下まで一言一句逃さず読んでくれる読者はほとんどいません。

悲しいことですが、「流し見」していることが多いです。

 

 

そのため、「流し見で見やすい」ことも読者にとって読みやすい記事だと思います。

そして流し見で見やすい記事はマーカーや太字、文字色の使い方が上手いことに気が付きました

 

多すぎると見にくいですが、的確な位置にあると「流し見でも内容が分かる」記事ができます!!

 

大雑把な目安ですが、
スマホで記事をスワイプさせながら見て、常にどこかしろに装飾箇所があるようにしています。

そして装飾箇所を追っていくだけで、記事の内容がなんとなくわかるようにする

ここも重視しています!!

 

活字を読みたくないからこそ結論を先に書く

 

僕はなるべく活字が読みたくないです。

だからこそ、先に結論が知りたい!(笑)

 

この記事は何について語っているのか。

全部読めばどういう結論に至るのか。

最初に書くことで、活字を読みたくない人でも「結論」は知ることができます

 

「結論を先に書く」ということは、多くの「ブログの書き方」を紹介した記事で見るテクニックです。

活字が得意な人もぜひ試してみてください!!

 

活字嫌いならではのブログの配慮

 

ブログの配慮の面で特に考えているのは「シェアボタンの位置」「ランキングバナーの位置」です。

 

ブロガーとしてほかのブログをフォローなどで応援したい

勉強のためにほかのブログを読むなら、最後まで見てシェアボタン、ランキング応援を押すと思います。

 

ただ、時間がないけど応援だけはしたいかたも多いのではないでしょうか?

そういった方のために、シェアボタンは必ず上に置くようにしています。

 

 

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

「活字が苦手、嫌い。でもブログはやってみたい。」という方に向けて綴っていきました。

ただ、やってみてどんどん言葉の力にハマっていったのも事実です。

 

そしていつの間にか活字を読むことが苦ではなくなりました。

逆に「見やすさ」を工夫している記事は読んでいて楽しいです。

 

今後もそういった記事を目指して勉強していこうと思います。

 

それでは良いブロガーライフを!

また次回もよろしくお願いします!!

 

こういったメインブログやってます。

良かったらこちらもご覧ください!!
↓↓

ウイスキーを愛する料理人のブログ Yaffee’s whisky blog

ウイスキーを愛する料理人が、日々の晩酌をもっとおいしくする情報を公開。知識・歴史から料理とのペアリング、蒸留所ごとの情報…

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!