新生児の沐浴に「アカチャンホンポ くうきdeふんわりバス」がおすすめ!パパ目線で見る使い心地とは?

  • URLをコピーしました!

本日もお越しいただきありがとうございます。

子連れ料理人ブロガーYaffeeです。

 

今回のお話は、「すごいぞ『アカチャンホンポ くうきdeふんわりバス』!パパ目線で見る使い心地とは?」について!!

 

娘が産まれてから、日々仕事と育児と家事に追われています。

我が家の場合、「沐浴」はなるべく僕が担当です。

 

仕事の日は出勤前に娘の沐浴をしています。

そんな日々の沐浴の中で、うちが使っているベビーバスは「アカチャンホンポ くうきdeふんわりバス
空気で膨らませるタイプのベビーバスです。

うちでは、娘が産まれる前にアカチャンホンポで買いましたが、このベビーバスにしてよかったと思いました。

なぜそう思うのか、日々使っているパパ目線で書いていこうと思います。

 

これからベビー用品を買おうと考えているプレパパ・プレママさんや沐浴用に買ったベビーバスがしっくり来ていない方の参考になっていただけたらと思います。

この記事はこのような方におすすめ
  • ベビー用品をこれから買おうとしているプレパパ・プレママさん
  • ベビーバスを再検討したいパパ・ママさん

目次

アカチャンホンポ くうきdeふんわりバスがすごいと思う3つの理由

アカチャンホンポ くうきdeふんわりバス」は空気で膨らませるタイプのベビーバスです。

普段は小さくしまっておき、空気を入れることで使うことができます。

また滑り防止の股ストッパーも空気なのでふんわりと柔らかいです。

 

アカチャンホンポのオリジナルブランドのベビーバス。

そんなくうきdeふんわりバスを購入してよかったと思う3つ理由があります。

 

  1. クッション性が高い。
  2. 収納性が高い
  3. 白色のシンプルなデザイン。

クッション性が高い

 

なんといってもやっぱりクッション性です。

空気で膨らませるタイプのベビーバスなので、かなりクッション性があります

赤ちゃんの体が当たっても、ふんわりと柔らかいので安心。

 

ただ赤ちゃんだけじゃなく、親としても赤ちゃんの頭を支えている側の腕がベビーバスの縁で痛くなることもありません

クッション性の高い縁が、自分の腕にフィットします。

 

たとえ子供が暴れたとしても子供も親も痛くなく、安心して沐浴をさせることができます。

収納性が高い

 

空気で膨らませるタイプのベビーバスなので、使わないときは空気を抜いて小さくコンパクトにすることができます

収納スペースの多い家ならいいと思いますが、賃貸などであまり収納スペースのない家だったら特に重宝するのではないでしょうか。

 

うちは、風呂場周りの収納スペースが全くないので、使わないときは空気を抜いてしまったリしています。

また、空気も簡単に入るので、首都圏の収納スペースが少ないご家庭にはぴったりだと思います。

 

白色のシンプルなデザイン

 

ベビーバスは、なぜかシンプルなデザインって少ないかなと思います。

特に空気で膨らませるタイプは、シンプルなカラーはあまりありません。

 

ただアカチャンホンポのくうきdeふんわりバスは真っ白なので清潔感があり、汎用性の高いデザインだと思います。

くうきdeふんわりバスのデメリット

そんなにくうきdeふんわりバスもデメリットはあります。

  • 構造上汚れがたまりやすく、洗いにくい。
  • 思いのほかサイズが大きい。
  • 大きさの割に子供が入ると余白が少ない。

構造上汚れがたまりやすく、洗いにくい。

 

他の桶タイプのベビーバスに比べてフラットな部分が少ないです。

そのため、汚れがたまりやすいという声もあるそうです。

 

うちの場合、使った後必ず風呂場で洗っているので、そのまで汚れがたまりやすいと感じたことはないです。

ただ構造上、フラットな桶のベビーバスに比べて洗いにくいことはあると思います。

思いのほかサイズが大きい。

 

空気で膨らませるタイプなので、膨らませると思いのほかサイズが大きいです。

うちの場合は、ちょうどシンクのサイズにぴったりだったのでよかったのですが、お風呂場で沐浴させるときはかなりスペースを取ります

 

空気で膨らませるのでしょうがないかもしれませんが、使うときはやや大きさがネックになると思います。

大きさの割に子供が入ると余白が少ない。

 

膨らませるとまあまあのサイズ感がありますが、意外と子供が入ると余白が少ないです。

まだうちの子はまだ身長57㎝程ですが、それでも頭を流す時が大変です。

新生児のうちはかなり良かったのですが、徐々に余白の少なさが気になってきました。

 

このベビーバスだと子供の成長によっては、かなり早くベビーバスを卒業させることになってしまうかもしれません。。

くうきdeふんわりバスは新生児期に大活躍

 

くうきdeふんわりバスは、空気で膨らますタイプのベビーバスです。

なので、プラスチックのベビーバスに比べて赤ちゃんが頭をぶつけてしまっても安全!

 

さらに、ある程度ならシンクのサイズに合わせることができるので、新生児期には特に活躍すると思います。

これから赤ちゃんが生まれる方、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか??

\!新生児期の沐浴におすすめ!/

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

うちが購入したくうきdeふんわりバスは、クッション性が高く子供の安全性も高いです。

また、コンパクトにまとめることができ汎用性の高いデザインなので優れものだと思います。

ところが、膨らませると大きいサイズの割に子供を入れると余白が少ないことや洗いにくいことがネックではあります。

 

ぜひメリットデメリットを考慮して、ご検討してみてください!

 

それでは、育児を快適に楽しく!

また次回もよろしくお願いします!!

 

こういったブログもやってます。

良かったらこちらもご覧ください!!
↓↓

↑↑↑

ウイスキーを愛する料理人としてウイスキー・料理に関するブログも運営中です!

よかったら、こちらのブログもご覧ください!!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

苦悩ばかりのウイスキー好きな料理人ブロガーですが、パパになりました。育児の楽しさはあるものの、相変わらず苦悩の連続の日々。当ブログでは、育児とブログのコツ、料理人ならではの苦悩を書いていこうと思います。

目次